愛宕神社

愛宕神社トリビア ご存知ですか?愛宕神社にまつわるあれこれ。

  • 愛宕神社がある愛宕山は23区内で一番高い山
  • 「出世の石段」のいわれ
  • 本殿に胡蝶蘭が並んでいるのはなぜ?

愛宕神社がある愛宕山は23区内で一番高い山

愛宕神社がある愛宕山は標高25.7メートル。出世の石段を登り切った右手には、山の証しである三角点があります。天然の山としてはこれは23区内で一番の高さ。
現在のように高層ビルが建ち並ぶ前の江戸時代には、見晴らしの名所として、見物客で賑わいました。
山頂から東京湾や房総半島までを見渡すことができと言われています。

ちなみに一番高い山というのは、自然地形でなおかつ“山”と言われるもの。新宿区の箱根山は44.6メートルですが、こちらは人造のため、自然地形では愛宕山が23区内で一番高いということになります。


  • 愛宕山を堀抜いた愛宕トンネルと(愛宕隧道)と愛宕山

  • 境内にある三角点

愛宕神社がある愛宕山は23区内で一番高い山

愛宕神社に上がる急な石段は「出世の石段」と呼ばれています。
その由来は講談で有名な「寛永三馬術」の中の曲垣平九郎(まがき・へいくろう)の故事にちなみます。

時は寛永11年、江戸三代将軍、家光公が将軍家の菩提寺である芝の増上寺にご参詣のお帰りに、ここ愛宕神社の下を通りました。
折しも春、愛宕山には源平の梅が満開。家光公は、その梅を目にされ、 「誰か、馬にてあの梅を取って参れ!」と命ぜられました。
しかしこの愛宕山の石段はとても急勾配。歩いてのぼり降りをするのすら、ちょっと勇気が必要なのに、馬でこの石段をのぼって梅を取ってくることなど、とてもできそうにありません。
下手すれば、よくて重傷、悪ければ命を落としそう。家臣たちは、みな一様に下を向いております。
家光公は、みるみる機嫌が悪くなり、もう少したてば、怒りバクハツ!というそのときに、この石段をパカッ、パカッ、パカッとのぼりはじめた者がおりました。家光公。その者の顔に見覚えがありません。

「あの者は誰だ」
近習の臣に知る者はありません。
「おそれながら」
「おう」
「あの者は四国丸亀藩の家臣で曲垣平九郎(まがき・へいくろう)と申す者でございます」
「そうか。この泰平の世に馬術の稽古怠りなきこと、まことにあっぱれである」
平九郎は見事、山上の梅を手折り、馬にて石段をのぼり降りし、家光公に梅を献上いたしました。
平九郎は家光公より「日本一の馬術の名人」と讃えられ、その名は一日にして全国にとどろいたと伝えられております。

本殿を彩る胡蝶蘭
平九朗が家光公に献上した言われる梅の木

この故事にちなみ、愛宕神社正面の坂(男坂)を「出世の石段」と呼び、毎日多くの方が、この男坂の出世の石段を登って神社にお参りにみえております。
なお、実際に神社にみえた方は男坂をごらんになって、
「こんな石段を馬が上れるわけがない。曲垣平九郎の話は講談だからウソだろう」
と思われるのですが、江戸以降にも男坂を馬で登り降りすることにトライをして、成功している方が何人かいらっしゃいます。

  • 明治15年・石川清馬(セイマ。宮城県出身)
  • 大正14年・岩木利夫(参謀本部馬丁)廃馬になる愛馬のために最後の花道をつくった
  • 昭和57年・渡辺隆馬(ワタナベ リュウマ。スタントマン)「史実に挑戦」というテレビの特番で。
    この番組では石川五右衛門は本当に大凧に乗って逃げたのか、なんていうのもやりました。

神社では、男坂を馬で上下するのに成功された方の絵や写真を見ることができます。
また、曲垣平九郎が献上したと言われる梅の木は、拝殿前の左手にあり、神社の四季を美しく彩っています。

愛宕神社がある愛宕山は23区内で一番高い山

本殿を彩る胡蝶蘭
本殿を彩る胡蝶蘭

数年前から、参拝に来られる方が胡蝶蘭を奉納してくださったことをきっかけに、今では本殿から胡蝶蘭の姿が途絶えることはないくらい、多くの方にご奉納いただいております。胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」「変わらぬ愛」。そのような願いが込められた美しい胡蝶蘭が本殿を彩っています。